南北朝時代~室町初期のファンサイト。人物紹介、関連書籍、史跡など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【雑記】17年という長さを思う
先日、足利事件の菅谷さんが釈放されましたね。
冤罪で逮捕された菅谷さんの失われた17年に胸を痛めながらも、私は頭の隅でもこう感じていました。

「17年ひと昔だなぁ・・・『太平記』もそりゃ知名度低くなるよね;」

そう!
われらが南北朝時代唯一にして最大のドラマ「太平記」は1991年の作品なのですよ!


主演の真田広之さんも20代の若者でしたね・・・

毎週大コーフンしてテレビにつっこみまくっていたのが昨日のことのようですが、もう17年。
22歳以下の方は、記憶すらないのですね。あらびっくり。

そういえば最近TSUTAYAに行ったのですが、
太平記のDVDはまったく貸し出されてなかったです。

うう。さみしい。

でも先月まで時代劇専門チャンネルで放映されてたので、
私の知らないところで第2次太平記ファンが生まれていたことと思います。

若者の諸君!戦国時代もいいけど、南北朝はもっと面白いよ☆
みんな好きになれ!(願望)

とりあえず、情熱の火の強弱はあれど、
17年変わらず南北朝時代が好きな自分へ、
ささやかながらエールを送りたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。