南北朝時代~室町初期のファンサイト。人物紹介、関連書籍、史跡など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【南北朝なイベント】後醍醐天皇670忌 特別展
いま宇治の平等院で、後醍醐天皇の特別展をしているそうです。

1339年に崩御してから、今年でちょうど670年なんですね~
去年が足利直義生誕700年祭だったことは意識してましたが、後醍醐天皇の没年までは思い至りませんでした;

****************************

■名称 後醍醐天皇遷化670回忌記念特別展~『しられざる刻(とき)の添景(てんけい)』~

■日時 2009年4月25日~6月5日

■場所 宇治市宇治市の平等院ミュージアム鳳翔館(ほうしょうかん)

■時間 午前9時~午後5時

■料金 拝観料大人600円、中高生400円、小学生300円

■お問い合わせ先 平等院(0774・21・2861)

****************************
 
後醍醐天皇と宇治って関係あったっけ・・・?と思いましたが、後醍醐天皇は平等院に3日間滞在したのだそうです。

それがいつかと言えば、1331年に笠置山で鎌倉幕府との戦いに敗れて、島根県の隠岐に流される道行きの中で。

うーん、知らなかった。
その一時滞在したと伝わる平等院の塔頭の浄土院の大書院が公開されているそうです。
(こちらはすでに申込み終了)

この展示の目玉はなんといっても「後醍醐天皇御像」でしょうね。

(後醍醐天皇の有名な肖像画です。袈裟(けさ)をまとっていて、即位式の密教儀式に臨むという、天皇の画としては珍しい姿の、あの画です)

私は歴史の教科書や資料集で見た覚えがあったかな・・・
貴重な現物を見られるいい機会、行ってみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。