南北朝時代~室町初期のファンサイト。人物紹介、関連書籍、史跡など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【人物紹介】夢窓 疎石(むそう そせき)
夢窓 疎石(むそう そせき)   1275(建治元)-1351(観応2、正平6)
夢窓疎石

禅僧。伊勢の人。

はじめ天台・真言を修学、のち禅宗に帰し一山一寧・高峰顕日に就学。
春屋妙葩位下の俊秀を養成して臨済宗の黄金期を築いた。

甲斐恵林寺、京都天竜寺などを建立。南禅寺住持2回。
北条貞時、後醍醐天皇、足利尊氏など公武の篤信を受け、7代の天皇から国師号を贈られた。
また、西芳寺・天龍寺・瑞泉寺・恵林寺などに残る卓抜な造園技術は勇名。

著書に『夢中問答集』『臨川寺家訓』など。

*******************************************************

夢窓国師は時の権力者の帰依を受け、臨済禅の黄金時代を築いた名僧です。
七代の天皇より賜ったことになるので、世に七朝国師と称されています。

彼は後醍醐天皇の冥福を祈るための天龍寺の造営や、安国寺・利生塔の建立に深く関与し、その業績には多大なるものがありました。

またその門下生には儀堂周信、春屋妙葩、絶海中津ら多くの俊秀が輩出しました。

そんな夢窓の教えをうかがい知る著作に『夢中問答』があります。
これは足利直義の質問に対し、禅の要旨を優しく丁寧に教えたものです。

ちなみに夢窓への質問から、直義も禅に対してかなりの知識を持っていたことが判ります。
スポンサーサイト

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。