南北朝時代~室町初期のファンサイト。人物紹介、関連書籍、史跡など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【人物紹介】上杉朝定
上杉朝定(南北朝の武将)イラスト

上杉 朝定(うえすぎ ともさだ)  1321-1352(元享元~文和元・正平7)

父は上杉(扇ヶ谷)重顕。憲顕の従兄弟。妻は足利尊氏の姪にあたる。

幕政初期から京都にあり、37年丹後の守護となり、また重能と共に幕府の引付頭人を務めた。

一貫して直義派で、観応の擾乱では直義に従って尊氏と戦ったが、両者の和解にも尽力した。

しかし同年7月、両者の和が破れると再び直義方に属し、北陸各地を転戦.。

1352年3月に信濃国御原で没した。享年32歳。

戦死・病死の両説がある。

◆ 三日月的考察 ◆

この人は知名度全然ないですけど、妻が尊氏の姪(具体的な人名は不明)だからか、上杉では嫡流に近かったのか、あるいは朝定個人の官吏としての資質が優れていたのか、かなり若い頃から(20代前半)引付ト頭人を務めるなど、政務の中枢近くで活躍しています。

観応の擾乱後、直義を追う形で死去。まだ30代でした。 

いずれにしろ、早世しなければかなりの地位を得たことは間違いないだけに、尚更その早い死が惜しまれます。
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。