南北朝時代~室町初期のファンサイト。人物紹介、関連書籍、史跡など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【人物紹介】畠山国清
j-n3kuni.gif

畠山 国清(はたけやま くにきよ) 生年不詳-1362?(貞治元・正平17)

基氏の関東執事。父は畠山家国、その嫡子。

足利尊氏・直義に従い、功により紀伊守護。
観応の擾乱では直義に従うがのち尊氏に従い、直義を駿河に破る。

1353年、関東執事となって足利基氏を補佐。
1358年、新田義興を武蔵矢口渡で誘殺。

翌年上洛し河内の楠木正儀を破り、仁木義長を東走せしめたが在京の諸将と対立して鎌倉に帰る。
1361年鎌倉を追われ伊豆で挙兵するが、1年近くのち基氏が派遣した鎌倉勢により鎮圧される。

その後は大和で死んだと伝えられるが、不詳。

◆ 三日月的考察 ◆

観応の擾乱で直義から尊氏に鞍替えした事で、関東執事の座を手に入れたヒト。

なぜ彼が執事に選ばれたのかについては、鎌倉御家人の鏡とされる畠山重忠の名を継ぐ国清を執事にする事で、関東の伝統的な武家社会をまとめようとする狙いがあった、とも言われています。

しかし国清の強圧的.・支配的な態度は、それまでの直義や上杉憲顕が行っていた自主性を尊重する政策に慣れていた武士達に大きな反発を買い、没落する事になります。
   
なお『太平記』では没落後、国清兄弟はのたれ死んだとありますが、ウソです。
弟たちはその後、みな幕政に復帰してます。
それを考えると、国清の処分は個人にしか及ばなかったのかも。
畠山は同族でしかも名族だから、処分も軽いものだったのかもしれません。
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。