南北朝時代~室町初期のファンサイト。人物紹介、関連書籍、史跡など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【人物紹介】楠木正成
楠木正成(南北朝の武将)イラスト

楠木 正成(くすのき まさしげ) 生年不詳-1336(延元3.建武3)

河内の土豪。父は、正遠と伝えられている。
幼名多聞丸。左衛門少尉。「三木一草」の一人。

1331年、隠岐に流されていた後醍醐天皇が笠置に行幸したのを聞き、河内国金剛山麓の赤坂城に篭城して鎌倉幕府軍と戦い、敵軍に熱湯を浴びせ悩ませた。

その後城を焼き、自分も焼死したと見せかけて脱出した。
1332年、護良親王の令旨を奉じて湯浅定仏を襲撃。
金剛山に千早城に築き、再び幕府軍を迎え撃った。

建武政権が成立すると倒幕の恩賞として従五位に叙され、検非違使左衛門少尉に再任、さらに摂津・河内の国司に任命された。

しかし勢力を回復した尊氏軍が九州から東上、これを備中で迎え撃った新田義貞が敗れると、援軍として出陣することを要請される。

この時彼は「義貞を京へ召還し、天皇は延暦寺へ臨幸し、尊氏を入京させて包囲攻撃する」という策を献じたが容れられなかった。

1336年5月25日、湊川の戦いで足利軍に敗れ、弟正季と刺し違えて自刃した。

<三日月的考察>

彼は南北朝では五指に入る有名人ですが、そのわりには資料が乏しく、謎に満ちています。

正確な出自や出身もまだ断定されるには至っていないし、正成が登場したきっかけからして、後醍醐天皇が見た夢といいますし。

そんなこんなで実像は闇の中なのですが、その人物評価は極めて高いです。

総じて登場人物に辛口なはずの『太平記』が「元来勇気無双の上、智謀第一なり」「正成程の者は未だ無りつる」と絶賛していますし。

(『梅松論』でも「遠慮の勇士」「賢才武略の勇士」、『増鏡』では「心猛くすくよかなる者」と正成はどこでも評価が高いのですが、『太平記』のそれは別格な感じです)

そんな彼の特徴としては、かなりの合理主義者であることが挙げられるでしょう。

1336年尊氏が九州に逃げたとき、勝利に喜ぶ公卿たちをよそに、新田義貞を誅伐して尊氏と手を結んだ方が得策だ、交渉のための使者には自分が立とう、と後醍醐天皇に進言した。

そんな『梅松論』のエピソードからもそれが窺える訳ですが、じゃあなぜそこまで見渡せる視野を持った彼が勝算のない戦いに挑んだのか、彼は何に殉じたのかってことが気になって仕方ありません。
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。