南北朝時代~室町初期のファンサイト。人物紹介、関連書籍、史跡など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【人物紹介】高 師泰
高 師泰(こう もろやす)  生年不詳-1351(?~観応2・正平6)
高 師泰

高師直の弟。

兄の師直と共に足利尊氏に従う。

1336年には新田義貞を越前金崎城に攻めてこれを落としいれ、その後東国に転戦して上洛。

1348年には兄師直と共に楠木正行を河内四条畷に破る。

1350年尊氏・直義が不和となるや、直義党の足利直冬を攻めて中国を転戦。

翌年足利兄弟の講和成立の際、将士に憎まれ、兄と共に摂津武庫川で殺害された。

◆ 三日月的考察 ◆

師泰は兄師直とセットで活躍、主に軍事面で勇名(悪名ともいう)を馳せた人物です。

侍所頭人を務め、執事である兄師直と共に幕府を支え、時には将軍である足利尊氏を凌ぐほどの専横を見せました。

彼個人のエピソードもばさら的なものがほとんどです。

(公家の侍二人が、人夫たちが酷使されている山荘造営の現場を通りかかって 
「あんなに痛めつけなくても」
と非難すると、それを聞きつけた師泰が 
「人夫が可哀想なら奴らを使え」
と二人を呼び戻して終日責め使った、とか)

でも兄の師直と同じく、「太平記」でのイメージが先行しているのが実情。ちょっと可哀想かも。

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。