南北朝時代~室町初期のファンサイト。人物紹介、関連書籍、史跡など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【小説感想】「風の群像」
三日月の南北朝オススメ書 その2
風の群像
―小説・足利尊氏〈上巻〉


           〈下巻〉






作者   :杉本苑子

主人公  :足利尊氏(1308-1358)南北朝時代の武将。室町時代初代将軍

主な登場人物 :足利直義、高師直、足利直冬、足利義詮など

時代 :南北朝初期~中期(1333-1358)

********************************

足利尊氏の鎌倉幕府倒幕からその死までを描いた小説です。

といいながらも、尊氏を取り巻くひとびとの視点から平明に描かれていて
難解な時代に関わらず、現代の私たちにも解りやすく入り込ませてくれます。

ここでの助演男優賞はなんといっても足利直義。
兄尊氏とは正反対の性格である、律儀で禁欲的なひとつ下の同母弟です。

小説によってはカタブツで常識家、融通がきかないといった描写が多い人なのですが
この小説では温かみと誠実さあふれる人物として
尊氏の子、直冬や基氏をはじめ多くの人々に敬愛される美しさが際立っています。

特に後半の観応の擾乱では
「あれ?この小説って直義が主人公だった?」と表紙を見返すほどに
直義視点で話が進みます。いっそ主演と名乗ってもおかしくないほど。
直義ファンには必携の書だと思います。

観応の擾乱は敵味方が入り混じり、とても厄介な題材なのですが
関係する人々の気持ちを軸に、丁寧に解りやすく
そして何より魅せる書物に仕上げた作者の力量はかなりのものだと思います。

あと尊氏の執事・高師直が知性派として描かれているのも個人的にはツボ。
『太平記』でのスケベで悪辣なイメージが吹っ飛びます。




テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。