南北朝時代~室町初期のファンサイト。人物紹介、関連書籍、史跡など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【人物紹介】玄慧(玄恵)
玄慧(恵)(げんえ)   生年不詳-1350(観応元、正平5)
玄恵


鎌倉~室町時代の学僧、儒者。一説に虎関師練の弟と言われる。
京都の人。

はじめ比叡山で天台を学んだが、下山して京都北小路に住し独清軒、または健曳と号した。

程子・朱子学を持って後醍醐天皇の侍読となったが、その講座はしばしば鎌倉幕府打倒の密議の場となったと言われている。

建武の新政の崩壊後は、足利尊氏・直義の信任を得て、是円・真慧らと共に「建武式目」を選定した。
『庭訓往来』『喫茶往来』は玄恵の撰といわれるが定かではない。

著作に『詩人玉屑点本』『胡会詠史詩抄』が伝来している。
1350年3月に示寂。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

玄慧は博学を持って知られ、倒幕以前には日野資朝らと親交を持っていたそうです。
宋学に明るく、宮中で「論語」などを講じていました。
 (宋学の祖と言われていますが、はっきりしません)

『太平記』では父尊氏に許容されなかった足利直冬を玄慧が保護・教育し、その才能や風貌に品格があったので、直冬には叔父に当たる直義に紹介した、というエピソードが載っています。

 『園太暦』観応元年三月二日の条には、玄慧の死を「文道の衰微」と嘆いています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。