南北朝時代~室町初期のファンサイト。人物紹介、関連書籍、史跡など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【人物紹介】絶海 中津
絶海 中津(ぜっかい ちゅうしん) 1336(延元元・建武3)-1405(応永12)
絶海中津

臨済宗夢窓派の禅僧。土佐高岡郡津野の人。
別に蕉堅子、蕉堅道人と号する。

1348年に上洛して天龍寺に喝食となる。
天龍寺に入り夢窓疎石について受戒。

1368年入明。抗州の中竺寺・雪隠寺などに入り、76年帰朝。
その後は天龍寺の春屋妙葩・性海霊見のもとに身を寄せ、80年健仁寺新任の儀堂周信と再会。
天龍寺首座、甲斐慧林寺住持。

1384年、3代将軍足利義満の忌諱に触れ、摂津銭原に隠れる。
のち誤解が解けて迎えられ、等持院・相国寺住持を歴任。

漢詩文集に『蕉堅稿』『絶海和尚語録』がある。

◆ 三日月的考察 ◆

春屋妙葩の亡き後はとりわけ義満の信任が厚く、明徳の乱を平定したのは、絶海の法衣の功徳によると義満が言った事から、急にその名が高くなりました。

義満・義持・伏見宮栄仁親王をはじめ公武の帰依を受け、又一宗内に与えた影響も大きなものがありました。

また彼は漢詩文に優れ、儀堂周信と共に五山文学の双璧と称されました。
明に渡り季潭・用貞ら大慧派の人々に歴参し、その俗的詩文の風と四六文の技法を身につけ、五山に新風を生んでいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。