南北朝時代~室町初期のファンサイト。人物紹介、関連書籍、史跡など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【人物紹介】足利義満
足利義満(室町3代将軍)

足利 義満(あしかが よしみつ)1358-1408(延文3・正平13~応永15)

室町幕府第3代将軍。
父は義詮、母は義詮の愛妾、石清水八幡別当善法寺通清の娘紀良子。
幼名春王丸。正室は日野業子。

1368年、父義詮の死を受けて、将軍職を継ぐ。
管領細川頼之の補佐を受け、78年京都室町に花の御所を営む。

1392年南北両朝を合一させる。
また土岐・山名などの強力な守護を制圧して幕府権力を確立した。
また公卿としても官位を太政大臣に進み、1394年の出家後も権力を握った。

1397年北山第に別荘として金閣を建てた。1408年死去。

<三日月的考察>

4歳の時、摂津の琵琶塚辺の景観が気に入って、「この土地を担いで京都へもって行け」と側近に命じたという、生まれながらの王者です。

 彼の時代に南北朝合一がなり、政局的にも安定し、室町時代の最盛期が現出しました。
 
ところで、彼には「皇室乗っ取り」の野望があったと言われています。

自身を法皇に位置付けて、子の義持を将軍に、義嗣を天皇に・・・という事らしかったのですが義嗣の元服の10日後に、義満は死去。
野望は露と消えました(そのため暗殺説もあります)。

もしそれが事実で実行されていたら、皇室の歴史はがらりと変わっていたのでしょうね。
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。