南北朝時代~室町初期のファンサイト。人物紹介、関連書籍、史跡など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【人物紹介】足利基氏
足利基氏(南北朝の武将)イラスト

足利 基氏(あしかが もとうじ)1340-1367(暦応3・興国元~貞治6・正平22)

初代鎌倉公方。父は尊氏、母は北条登子。義詮の同母弟。

49年、兄義詮の上洛に代わり9歳で初代鎌倉公方として下向。
観応の擾乱時には父と叔父の争いを嘆き、安房に出奔。
やがて連れ戻され、元服したその翌日に叔父直義は死去。この時基氏13歳。

擾乱後は畠山国清を執事とし、入間川に陣を敷いて東国の治安に務めた。
そのため「入間川殿」と称される。58年新田義興を謀殺し、その与党を帰属させる。

1363年専権によって諸将の信頼を失った畠山国清を追放。
元直義党の上杉憲顕を復帰させた。

流行病のため28歳の若さで死去。号は瑞泉寺殿。
 
基氏は禅僧儀堂周信に帰依し、彼にその人柄を
 「仏法政道、その他管弦・諸伎藝好まないものはなかったが、
  世俗が好む田楽は生涯一度も見なかった。
  なぜなら伯父大休寺殿が戯場を愛さなかったからで、
  政道の妨げになるからである」(「日工集」)と評されている。

<三日月的考察>

10才上の兄の義詮とは対照的に、聡明との評価が高い基氏。
彼は上の二人とは違って、父尊氏が将軍となってから産まれた、いわゆる「将軍の若君育ち」。

しかも1340年代は比較的南北朝の争乱の小康期に当たり、幼年期の基氏が何一つ不自由なく過ごしたであろうことが容易に想像出来ます。

そんな少年がはじめて直に体験した戦が、あの「観応の擾乱」・・父尊氏と敬愛する叔父直義の内訌でした。

兄弟相克の愚行をまの当たりにした基氏が、義詮に異心なきことを示すため常に兵馬を幕府に提供
したりして観応の擾乱の二の舞を避けたのは、心情的に自然な事と思われます。
 
基氏は畠山国清の追放後、上杉憲顕など旧直義派の武将を登用して、関東経営の基盤を固めました。
 
しかしこの政策は幕府との間に亀裂を生む可能性を秘めており、基氏はその対応に苦慮しつづけました。

そんな彼がわずか28歳で病死した時、「難太平記」には、基氏は幕府と鎌倉府の対立激化を憂慮して、自ら死を早めた、という噂を記しています。
【人物紹介】足利義詮
j-n1akira.gif


足利 義詮(あしかが よしあきら)1330-1367(元徳2~貞治6・正平22)

室町幕府第2代将軍。父は尊氏、母は北条登子。尊氏の嫡男。幼名千寿王。
正室は渋川幸子(直義の正室の姪)

二人の兄がいたが母が正室だったため、嫡子となる。
1333年新田義貞の鎌倉攻めに4歳で尊氏の名代として参加。
鎌倉幕府滅亡後は何度か追われるも1349年の上京まで主として鎌倉にあった。

上京後は叔父直義に代わって幕政を司る。
58年父尊氏の亡き後征夷大将軍となるも、細川清氏やなどの有力守護の専横や離反が相次ぎ、その対応に苦慮する。

67年病に倒れると、細川頼之を管領として起用、互いに親子と思うようにと遺命して逝去した。
享年38歳。

<三日月的考察>

父尊氏と子の義満にはさまれて、どうにも影が薄い二代目。
一般に凡庸な人物として評されてます。
それは足利兄弟が観応期に義詮を評した

尊氏「義詮はあまり賢い方じゃないようだ。一人ではとても天下を治められまい。あれの弟基氏をお前の養子にして鎌倉におき、いざというときには助けてやってくれ」

直義「そうですな。義詮は少し頼りない。おっしゃる通りにいたしましょう」

なんていうエピソードが現代に伝わっているからかもしれません。

 また尊氏の留守中に南軍に攻められた時に、大事な天皇を南朝に奪われるという大失点を犯したりしてるし。

「鎌倉公方九代記」にも
ただ好色を事とし、美酒と遊興をもっぱらにして、歌道遊興に心を傾け、政道の事はよそになし給いければ、世の人、疎み奉りけり」なんて書かれているし。

けちょんけちょんです。
唯一の功績は細川頼之を義満の管領に任命したこと、なんて言われても仕方ないかも。
【人物紹介】足利直冬
j-n1huyu.gif

足利 直冬(あしかがただふゆ)生没年不詳
足利尊氏の庶子にして直義の養子。

出生と生い立ちについては、直冬は尊氏が越前局と言う一夜通いの女性に生ませた子で、はじめ喝食として武蔵の東勝寺に入っていたがやがて京に上った。

しかし尊氏に実子として許容されなかったので、直冬は玄恵法印のもとでわび住まいをしていた所、玄恵から叔父直義に紹介された。

それでも実子と認めない兄を見かねて叔父直義が養子にした、という(「太平記」)。

1348年紀伊の南軍追討のため大将として起用され、勝利を収める。
1349年長門探題。
観応の擾乱では直義方として九州をほとんど制覇し大勢力となる。

その後いったん入京したが尊氏に追われて石見に走り、
以後関西・四国を転々とした。晩年の消息は不明。
1400(応永7)74歳で死んだともいう。

<三日月的考察>

 経歴を見る限り、軍事的才能とかは義詮なんかよりよっぽどあるように思えるのに、紀伊追討の成功後も尊氏の直冬への待遇は仁木・細川(足利末流)の人々と同列だったとあるし(「太平記」)
単に尊氏が直冬自身を気にいらなかったのか、正室登子をはばかっての事なのか、はたまた
直冬の存在が権力争いの因子となることを恐れたのか....。

いずれにしても実の父にとことん冷遇されて、とても不憫なヒトです。命日もお墓も判らないし。

個人的に、父に追討されて九州に逃れる際、船上で詠じたという場面が気に入ってます。

  梓弓 われこそあらめ 引き連れて 人にさえ憂き 月を見せつる 
 (我が身はやむを得ないとしても、同行する人々にまで、この名月を辛い思いで見させることだ)
【小説感想】「破軍の星」
三日月の南北朝オススメ書 その1
破軍の星



作者   :北方謙三

主人公  :北畠顕家(1331-1338)

主な登場人物 :北畠親房、六の宮(後村上天皇)、足利尊氏、
           斯波家長、上杉憲顕、結城宗弘など

時代 :南北朝初期(1333-1338)

*****************************

「南北朝三大美少年」のひとりであり、
太平記界の出来杉くん、勇知兼ね備えた美貌の勇将、
そして日本史上ただひとりの「鎮守府大将軍」の北畠顕家。

その北畠顕家の小説といえばコレ!と太鼓判を押して
町中に配りたいくらいおすすめの小説です。


鎌倉幕府倒幕後から彼の戦死までの5年間が
テンポ良く描かれています。

なんといっても特筆すべきは顕家のカッコ良さ!

若さゆえの潔癖なまでの政治への思い
ストイックな生き様にオトコを見た!という感じです。

またこんな10代いないよ!というくらい果断で明晰な仕事っぷりなのに
女性には奥手なのがなんとも可愛い!

脇役では足利尊氏のなんともつかみどころのない存在感がいいですね。
尊氏は小説によって描写が分かれていますが
北方謙三の描く尊氏は、
底の知れないなんとも言えない懐の深さを持っていてひきつけられます。




テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【人物紹介】足利直義
足利直義

足利 直義(あしかが ただよし) 1306-1352(徳治元~文和元・正平7)

初期室町幕府の執政者。尊氏の一歳違いの同母弟。
正室は渋川義季の女。側室なし。子の如意丸は4歳で夭折。

元弘の乱以降、尊氏の片腕となって行動を共にする。
建武政権下では成良親王を奉じて鎌倉に下向、関東の政務を行う。
35年中先代の乱に際して護良親王を殺害。
尊氏が幕府を開くと補佐して諸政を行い、「下御所」と称される。
49年、執事高師直と対立《観応の擾乱》。
その後兄尊氏と対立し戦って敗れ、鎌倉に幽閉される。
2月26日逝去。享年47歳。

◆ 三日月的考察 ◆

堅実で理性的、厳格、禁欲的・・・と、
おおらかな兄尊氏と全く似ていない事で知られる弟。

「門地に頼って立身しようなどとは思うな、
文道をたしなみ功を積み、その徳によって立身せよ」
と直義が朝夕、
畠山直宗・一色直氏・今川了俊らに諭したというエピソードが
「難太平記」にあり、彼が文道を重んずる性格だったことが伺えます。

また夢窓疎石には
「事に当たって綿密で用心深く、しかも決断力に富んでいた」と
評されています。
目的のためには苛烈なほどの実行力を発揮するくせに
一方で戦には弱かったり兄には甘かったりと、
意外な一面があるのが人気の秘密かもしれません。
 
 ところで直義の死は、
尊氏による毒殺説(「太平記」)も確定されうるものではなく
事実は今だ謎のまま。

亡くなった日が高師直暗殺のちょうど一周忌ということもあって
いろいろ想像の余地がありますが、実際は??気になる所です

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。